夜更けの珈琲
意味のないこと。でも自分には大事なこと、好きなこと。そんな時間を大切にしていきたい・・・
プロフィール

みの吉

Author:みの吉
徹夜はできても早起きはできない、夜型。

最近の記事

最近のコメント

gremz

元太郎の部屋

看板猫

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

必殺シリーズ
昨夜、昔の必殺シリーズを3話ほど放映していた。
3話のうち、2話が同じ仕事人Ⅴだったのは残念だったけど。

仕掛人の緒方拳。
ギラギラしていて、ゾクッとするほど色っぽい。

やっぱりこの頃の方が、映像が暗い。
影を多用しているこの映像が大好きだった。
昨夜放映した「女殺し」は、内容まで記憶にあった。
再放送で、なのかな。

映像が暗いだけじゃなく、
人殺しを生業にすることの、暗さが常にあった。
背負っているものの重さというか。

今でも、格子越しの画とか、影のある画を撮るから、
必殺シリーズは好きなのだけど、
やっぱり仕事人あたりから、様変わりしたのかな。

中条きよしの三味線やの勇次が美しいと評判になって、
なんだか女子高生だのの人気が高くなったあたり。
三田村邦彦も人気だったっけ。
その頃たぶん、自分も女子高生だったけど(笑
そのあたりから、単に映像美ではなくて、
仕事人自体の美しさを追求するようになっちゃって、
どんどん変わっていった。

昨夜やっていた仕事人Ⅴは、京本政樹の組紐やと村上弘明の花や。
それに、ひかる一平の医者の卵。

ひかる一平には、もう人殺しの暗さはない。
ま、殺さない役だけど。
京本政樹は、笑えるほど厚化粧だし。

仮面ライダーも、以前は改造された苦しみを背負っていて、
どこかに影があった。
今は見る影もないんだろうけど。

影のある映像を愛する私としては、
残念なかぎり。
そういえば、そんな邦画も観なくなった。

石井隆監督くらいかな。
琴線に触れるのは。
ま、暴力的すぎて、生理的にダメなものも多いけど。
独特の映像美が、彼のものにはあると思う。

で、必殺も今やジャニーズ3人組だそうで。

嫌いなわけじゃないんだけどね。
昼行灯が格好良すぎでしょ。

昔のDVD買おうかな~。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。