FC2ブログ
夜更けの珈琲
意味のないこと。でも自分には大事なこと、好きなこと。そんな時間を大切にしていきたい・・・
プロフィール

みの吉

Author:みの吉
徹夜はできても早起きはできない、夜型。

最近の記事

最近のコメント

gremz

元太郎の部屋

看板猫

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京島 (新潮文庫)東京島 (新潮文庫)
(2010/04/24)
桐野 夏生

商品詳細を見る

★★

先日、やっと読んだ。
面白いといえば、面白いけれど。
確実に、映画より面白かったけれど。

でもなー。なんだろなー。
きっと好みじゃないんだと思う。

女がたくましいのは好きなんだけどね。

この方のは
「魂萌え」とか「OUT」とかのほうが好きだな。
そういえば、
この方の書く女性は結構えぐいかもしれないな。

***
尾張ノ夏ー居眠り磐音江戸双紙(34) (双葉文庫)尾張ノ夏ー居眠り磐音江戸双紙(34) (双葉文庫)
(2010/09/16)
佐伯 泰英

商品詳細を見る

★★★☆

待望の新作。
まぁ、いつものだからw

でも安心して読める。

磐音は
まだまだ試練の日々は続くのだろうけど、
早く表舞台にたってほしいわー。



で、「悪人」を読もうとして
読みかけのママどこかにw

どこー?
自分のだらしなさに呆れる。



合間に。
笑えるこれを。

酔って記憶をなくします (新潮文庫)酔って記憶をなくします (新潮文庫)
(2010/09/29)
石原 たきび

商品詳細を見る


身につまされて笑えない
なんてことはないんだからー。

でも、気をつけないとね。

***
シズコさん (新潮文庫)シズコさん (新潮文庫)
(2010/09/29)
佐野 洋子

商品詳細を見る

★★☆

「100万回生きたねこ」書いた方なんだけど、
小説も書いてたのは知らなかった。

私はずっと母さんが嫌いだった。
 母を疎み、母を捨て、母を看取るー
 娘がつづった、ほんとうの物語。

こんな帯につい目を留めてしまい、
買ってしまった。
一応、小説の分類なのかな。

ちょっとくどい表現があったりが気になったけど。
でも感情的なのに、どこか淡々としてて。
読みやすかった。

思ったより、
心が痛くはならなかったな。

家族は難しい。
母娘なんだから、ってよく言われるけど、
母娘だからこそ、深い溝もあるのだ。

母が呆けたら・・・
私はどう思うんだろなー。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。