FC2ブログ
夜更けの珈琲
意味のないこと。でも自分には大事なこと、好きなこと。そんな時間を大切にしていきたい・・・
プロフィール

みの吉

Author:みの吉
徹夜はできても早起きはできない、夜型。

最近の記事

最近のコメント

gremz

元太郎の部屋

看板猫

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

独白
以前ちらっと話しましたが、
例の写真ブログの他に
トイカメのブログをやっています。→

で、そちらに日常のことを
書くことが増えてしまったので
こちらが疎かになりつつあります。

そんなつもりはなかったのですけどね。
そちら、キャラ的に当初は多少偽って書いていましたし。
まぁ、書くということは、難しいです。
ついつい本音になってしまいますからね。

でも、
そのブログ、最近「だ」にばれてしまったので、
やっぱり何でも吐き出せる場として、
ここはとっておこうかなーと思うわけです。

勝手ながら、
ゆるーっとこのまま。

で、最近思うこと。
「だ」に対しての自分。

やっぱり変わったのかなーと思ったりもします。

一度「別れ」を覚悟してしまったので、
なんというか、多少冷めたんでしょうかねー。

そもそも、
このままじゃ付き合えないなということがあったから、
別れることを意識したわけです。
彼はそれを機に変わりました。

君が求めるから付き合ってやってるんだ的な人でしたが。

ええもう、オレ様的なw
それで、私もよかったのです。

骨折したときに、もうちょっと気づかってさえくれていれば、
きっと別れなんて、考えなかったのです。
いえ、その前に、一緒に買い物に行って、
私の態度が気に入らないからと、私を置いて帰ることがなければ。
その時に、
そのまま別れることすら厭わないという態度をとられなければ。

今はもう別人のようです。
まぁ、女のご機嫌ばかりとっているタイプではありませんが、
精一杯の気持ちを表そうとしてくれています。

なのに、私は・・・。

コップにいっぱいの水が入っているとき。
溢れそうでも、表面張力であふれないでいるとき。
以前はきっとそんな状態だったのです。

いっぱいの水がこぼれてしまう時って、
そう、最後は1滴なんですよね。
1滴で、あふれかえってしまうのですよね。
きっかけは些細なことで十分なのです。

で、一度あふれてしまうと、
それはもうコップいっぱいの水は入っていないのです。
いまがきっとその状態。

また新たに、愛情を注がないと増えないのです。

でも、彼の衰えを冷たい目で見ている自分がいたりします。
肉体的な衰えとかではなくてね。
まぁ、とっても失礼ですけど、頭脳的なことでですね。
そこを労ろうとか、そういう優しい感情が湧いてこないのです。
まぁ、無闇に突っ込んだり、指摘したりはしませんけど。

長くつきあうということ。
それはもしかしたら、常にいっぱいでなくてもいいって
ことなのかもしれません。

そこそこに・・・。
お互いのためには、そのくらいがいいのかもしれませんね。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。